人材紹介会社を使った転職でトラブルを回避するためのポイントをチェックしておきましょう。

キャリアダウンを防ぐ方法

人材紹介会社の注意点

人材紹介会社を利用して起こるトラブルとしてよく聞かれるのは、「希望する内容と異なる転職先を紹介された。」、「紹介された転職先に入職したが、想像していたイメージとは異なる職場だった。」というものなどです。

 

人材紹介会社とのコミュニケーション不足によって、希望のある未来に向かって行っていた転職活動が裏目にでてしまうのなんとしても避けたいところです。
こうのうような事態にならないよう トラブルを回避するために、いくつかポイントがありますのでチェックしてみましょう。

 

条件を定める

転職する目的や希望する条件がある程度決まっていない段階で人材紹介会社に登録すると、人材紹介会社にとって「紹介しやすい求人」を紹介されることになります。

 

看護師専門の人材紹介においても、顧客の希望条件がはっきりしない場合 あまり人気のない医療機関を紹介されることもあるかも知れません。

 

キャリアダウンにつながる転職を繰り返している人は、明確な希望もなく紹介されるまま転職をしている例が多いようです。
従って まずは自分の方向性、希望条件を明確にしてから人材紹介会社に登録することをおすすめします。

 

意思表示をハッキリする

求人を紹介されたら、応募するかしないかの意思表示をハッキリ伝えましょう。
応募しない場合は、キャリアコンサルタントにその理由を本音で伝えることが重要です。

 

例えば、できるけれどもやりたくない仕事だった場合は、それをちゃんと伝えておけば、次に紹介される求人では、やりたくない仕事を紹介されるリスクは低くなり、あなたの希望に近づいていきます。

 

キャリアコンサルタントに頼りすぎない

人材紹介会社に登録した途端、転職に対して受け身になる人が多くいます。

 

人材紹介会社側も選定につながらない相談ばかりに必要以上の時間を使うわけにはいきません。
相談ばかりではなく、キャリアコンサルタントに自分の意志や希望をしっかり伝えることが重要です。

 

あなたの希望する転職先をキャリアコンサルタントにイメージしてもらいましょう。

 

また 人材紹介サービスを選ぶ際にも顧なるべく客満足度の高い会社を選ぶことが大切です。

 

≪ナースフルは認知度、信頼度、実績抜群のリクルートグループの運営で安心です≫


ナースフル1