新しい職場で気持ちよくスタートするために

退職の意思表示

退職時のマナー

ナースフルの求人案件に応募し、書類選考、面接(職場見学)を経て採用が決まると キャリアコンサルタントから内定通知の連絡が入ります。

 

働きながら転職活動行っていた場合、新しい職場が決まれば現在の職場を退職しなければなりません。
そこで新たな気持ちでスタートするには前に注意すべきことは、現在の職場を円満に退職することです。

 

そのためには「立つ鳥跡を濁さず」で、職場に残る看護師の負担が最小限になるよう配慮が必要です。

 

今の職場の医師や同僚と今後もなにかしら繋がりがでてくる可能もあります。
思わぬトラブルを起こさないためにも退職までのスケジュールをしっかり確認して、わからない点があればナースフルのキャリアコンサルタントに相談しましょう。
※退職の意思表示は内定通知を確認してから行うようにしましょう。

 

意思表示の目安

法律上(民法)では退職日の2週間以上前の意思表示が必要となっていますが、各医療機関の就業規則で明記されていることが多いので予め職務規定などを確認しておきましょう。

 

目安としては1ヶ月〜1ヶ月半前が常識的な範囲ですが、後任の人事や引継ぎの期間などを踏まえて上司と相談するようにしましょう。

 

報告は上司へ

退職の申し出は真っ先に直属の上司に行います。直属の上司より先に同僚などに話てはいけません。

 

もし、それが上司の耳に入る前に広がってしまうと周囲が混乱し、上司の管理能力が問われることにもなりかねません。
そうなると、あなた自身が退職日まで居づらくなることが考えられるからです。
上司から退職の了解を得たら、上司からの通達を待ち自ら公表するのは避けましょう。

 

退職理由について

退職の意思が変わらないのであれば、職場の不満を退職理由に挙げるのは避けましょう。
感情的な遺恨が残るだけで何も良いことはありません。

 

また、あいまいな理由の場合、引き留めされる原因にもなります。
キャリアアップのためなど理由を伝え、意思が変わらないことを理解してもらいましょう。

 

≪ナースフルは認知度、信頼度、実績抜群のリクルートグループの運営で安心です≫


ナースフル1