退職願の書き方と注意点、提出方法など

退職願の書き方

転職先が決まり、直属の上司に退職の了解を得たら退職願を提出します。
職場によって、「退職日の何日前までに退職願を提出しなければならない」という決まりがあるはずなので提出日には注意が必要です。

 

しかし、「退職願の書き方がよくわからない」という方も多いのではないでしょうか?

 

退職願はある程度形式が決まっています。
その形式にそって書けばいいだけですので、それほど難しいものではありません。

 

退職願で必要なもの

便箋(白色で無地の縦書きのもの)
筆記用具(黒の万年筆、サインペン等)
封筒(白色で無地のもの)

 

退職願の書き方

退職願は自筆、縦書きで書きます。
提出は直属の上司に直接手渡しします。
※上司の机の上に置いておくなどということはしてはいけません。

 

【退職願のサンプル】

退職願

@退職願と書きます。

退職の願いを届け出て、承認をしてもらうというのが自然な流れです。
このため「退職届」や「辞表」は使わない方がいいです。

 

A私儀(あるいは私事)

一行目の行末に私儀と記入します。
私儀とは「私自身のこと」という意味で「私事」と記入しても構いません。

 

B退職理由・退職日

退職理由は「一身上の都合により」だけで詳細を細かく書く必要はありません。
退職日はあらかじめ上司と相談して決めた日にちを記入します。

 

C日付

退職願を提出する日にちを提出します。

 

D署名

所属と氏名を記入し捺印します。

 

E宛先

看護師の場合は、医療機関の名称を書き、院長宛にします。
敬称は「殿」にします。

 

封筒

表に退職願と記入して、裏に所属部署と名前を書きます。

 

退職願についての疑問や不安のある方
ナースフルを通して転職先が決まり退職される方で、退職願についての疑問や不安のある方は、担当のキャリアコンサルタントに相談してみましょう。

 

≪ナースフルは認知度、信頼度、実績抜群のリクルートグループの運営で安心です≫


ナースフル1