転職を成功に導くための条件

円満退職のコツ

円満退職

看護師だけに限りませんが、円満退職をすることが転職を成功に導く一つの条件です。

たとえどんなに嫌いな職場であったとしても円満退職を目指して行動することが重要です。

 

また退職の際、なるべく職場の上司や同僚・後輩に迷惑をかけないことが円満退職のコツです。

 

そのためには退職日や債務処理、引継ぎは直属の上司と相談して決め、退職の日までにやるべきことを自分でスケジュール立てて計画的に行動しましょう。
※ナースフルをご利用なら、退職準備についてキャリアコンサルタントと相談しておくのもいいでしょう。

 

財務処理や引継ぎなどが一区切りついたら、机のまわりの私物の整理、病院へ返却するものをまとめておきましょう。
そして退職日当日は自分の使っていた机やロッカーをキレイに掃除して、私物が残っていないかもしっかり確認します。

 

退職日当日のあいさつまわり

退職日の当日には職場でお世話になった方、ひとりひとりへ丁寧にあいさつをしてまわります。
大規模な医療施設であれば、一日でまわりきれない場合がありますので、顔を合わせる機会が少ない人にはあらかじめあいさつを済ませておきましょう。

 

苦手な上司、同僚がいる場合もあるかも知れませんが、挨拶は明るく元気に行って、「お世話になりました。ありがとうございました。」と伝えましょう。
そして最後はすがすがしい気分で職場を後にできればいいですね。

 

あいさつ状について

外部の人でお世話になった方がいればあいさつ状を送るようにしましょう。
あいさつ状を送ることで、転職後も貴重な人脈になる可能性があります。

 

あいさつ状には転職先となる医療施設の名称、所属、所在地、電話番号を入れ、これまでお世話になった感謝の気持ちを伝えます。

 

プリントアウトした文章だけでは事務的な印象が強くなるので一言自筆で付け加えましょう。
そして退職と同時に投函します。

 

≪ナースフルは認知度、信頼度、実績抜群のリクルートグループの運営で安心です≫


ナースフル1