職場で顔を会わす仲間と良い人間関係を保つ秘訣

職場の人間関係を良くする方法

「職場の人間関係」を転職理由として挙げる看護師は少なくありません。
同じ職場で働いていても年齢・経歴・考え方などが違うのが当たり前ですから、日頃から相手を思いやる気持ちを持ち続けることが大切です。

 

人間関係がギクシャクしているとしたら、もしかしたらあなたの職場での態度にも問題があるのかも知れません。
今一度、人間関係を良好に保つ秘訣をチェックしてみましょう。

 

1)笑顔で元気よく挨拶をする

元気で気持ちの良い挨拶は雰囲気の良い職場作りの基本中の基本です。
挨拶は同僚とスムースに会話できるキッカケにもなりますし、気分が優れない時や嫌な事があった時にでも、挨拶をすることで自分の中のもやもやも緩和されます。
お互いに明るく挨拶できる関係は、自然と相手を思いやったり、優しく接することができるようになります。
また相手がミスをしたときでもやわらく指摘することができるでしょう。

 

2)相手をほめる、感謝する

看護師の職場は忙しいのが常ですが、「ありがとう」という言葉を感謝の気持ちを持って伝えることが心のゆとりに繋がります。
髪型を変えて出勤してきた同僚に「似合ってるね」も立派な褒め言葉です。
褒められたり感謝されて嫌な気分になる人はまずいません。
言葉にすると同時に感謝の気持ちは常に持ち続けましょう。

 

3)指摘されたことは素直に受け止める

患者の命を預かることもある看護師の職場では、厳しく指摘されたり注意されたたりすることもあります。
一般的にある程度キャリアを積んだ看護師は自身のプライドから、こうした指摘を好意的に受け止めることができにくくなっていきます。
どんな指摘や注意も意識的に成長できるチャンスと考え、前向きな気持ちで受け止めましょう。
気持ちの持ち方ひとつでストレスの感じ方も変わってくるはずです。

 

4)職場で悪口は言わない

職場での不平、不満、苦手意識は少なからず誰にもあるものです。
このような思いは口に出して人に伝えることで、自分の揺るぎない考えとなります。
できればこの手の話題はには関わらず、それができない場合は聞き流すようにしましょう。
自分が苦手に感じる人の生き方を認める心のゆとりを持ちましょう。

≪ナースフルは認知度、信頼度、実績抜群のリクルートグループの運営で安心です≫


ナースフル1