転職活動で重要になる「面接」で自分をアピールするためのポイントを紹介します。

面接がうまくいくポイント

看護師さんの転職活動において最後のハードルともいえるのが「面接」です。
多くの看護師さんにとって「面接」は不慣れなものだと思います。

 

面接では緊張してぎこちない会話にならないよう、質問内容をある程度 想定しておく必要があります。
事前に自分をアピールするポイントをしっかり整理しておきましょう。

 

転職や復職の面接でよく聞かれるのは、
●志望動機
●前職での仕事内容
●退職理由

です。

 

面接で自分をアピールするために

 

病院・医療機関の特徴をよく研究する

ほとんどの面接者は「なぜ当院にはいりたいのか?」という質問をします。
この場合、「自分のやりたいことがこの病院ならできる」ということを説明できればよいでしょう。
そのためには、新しい病院や医療機関の特徴をよく研究しておく必要があります。

 

前職での経験を志望動機につなげる

転職・復職の面接では、面接者は「何をしてきたか」、「何ができるのか」を知りたいと思っています。
前職での経験をふり返り、それが新しい病院や医療機関でどのように活かせるのか整理しておきましょう。

 

また、これまでの成果や経験をアピールするには、エピソードを交えて話しましょう。
とくに「苦労した点をどのように乗り越えたか」という具体的なエピソードまで伝えられれば、アピール度が増します。

 

退職理由は前向きなもので

看護師さんの退職理由としては「職場の人間関係や給与、勤務体制の不満」などネガティブな理由も少なくありません。
しかし、深く自己分析すれば「スキルアップしたかった」などの前向きな理由も見つかるはずです。

≪ナースフルは認知度、信頼度、実績抜群のリクルートグループの運営で安心です≫


ナースフル1