看護師求人の情報を集める前に、あなたにとってよいと思える転職先を考えてみましょう。

よい転職先を考える

転職先を見つける

早くよい職場へ転職するためには、積極的に行動することが大事です。

あなにとって「よい転職先」とはどのような職場なのか しっかり整理しておくと病院・施設選びがスムーズになります。

 

職場選びの優先順位は?
下記の項目は看護師が転職先に求める条件として挙げる代表的なものです。
あなたにとっての優先度合やその内容を事前にしっかり整理しておきましょう。
そうすればナースフルのキャリアコンサルタントに相談する場合でも、あれこれ迷わず、あなたの希望がしっかり伝えられるでしょう。

 

賃金
仕事の内容
職場環境
病院・施設の理念や方針
病院・施設の将来性
家庭や育児との両立
その他

 

賃金と職場環境の改善は両立できる?

一般的に賃金が高ければ、それなりに仕事や職場環境が厳しいことが考えられますが、看護師の転職においては必ずしもそうとは言えません。

 

それは、看護師が有資格の仕事であり、人材が慢性的に不足している売り手市場だからです。
ちなみに都市部になるほど平均給与は高くなる傾向があります。

 

したがって看護師においては、転職と同時に賃金アップと仕事や職場環境の改善を両立させることは十分可能です。

 

また賃金は大事な要素ではありますが、それだけ比較しても看護という仕事の本質は決して見えてきません。
大部分の看護師は患者さんと係わることによって、自分の役割にプライドを持つようになるそうです。
毎日の仕事の充実感が働くことの原動力と考える方も大勢いるのではないでしょうか。

 

もし、近くに希望条件に合う求人がなければ、思い切って都市部の求人を探してみてはいかがでしょうか。独身の方であれば そのような選択肢も十分考えられるでしょう。

 

都市部では育児施設が併設されている病院を重点的に探すこともできます。
シングルマザーの方であれば より充実したライフスタイルを送るための転職が実現可能です。

 

病院・施設選びは焦らずに、あなたにピッタリの転職先が見つかるまでじっくりと行いましょう。
病院・施設選びのポイント

 

どうせならやりがいのある職場で「仕事が好き」を原動力に働きたいですよね。

 

コラム:認定看護師と専門看護師の違い

 

認定看護師は、実務経験が5年以上、認定分野の経験が3年以上のナースが看護師が特定の研修機関で半年間の研修を行い、認定試験に合格すれば、資格を与えられます。

 

専門看護師は看護系大学院を卒業して認定試験に合格することが求められます。

 

どちらも日本看護協会の認定資格であり、国家資格ではありません。
資格取得が難しいのは専門看護師と言えるでしょう。

≪ナースフルは認知度、信頼度、実績抜群のリクルートグループの運営で安心です≫


ナースフル1